水の公園福島潟 遊水館   新潟市北区前新田乙311
TEL:025-384-1211
FAX:025-386-1001
メールはこちらから 
 メールはこちらから
トップページへ健幸コラム
   
2016.8.24 掲載
   
VOL.4 水温の特性・効果
 

お盆も過ぎても、まだ暑さが続きますが、夏バテなどしていませんか?

この暑い季節に、気持ち良くリフレッシュできる遊水館をぜひご利用していただきたく

「水の特性や効果」
に関する内容を
ご紹介してきました。

特性は大きく分けて4つ。  「浮力・水圧・抵抗・水温」

今回はその中の最後【水温】をご紹介です!

 
【水温の特性・効果】

プールの水温は体温より低い30℃前後。

そのため体温を奪われやすいのです。その際に体温調節の機能が働き

体に熱が作られ、エネルギーの消費量が増えます

陸上にいる時より、たくさんのエネルギーを使うことになりますよ!

 

水は運動することで体温を下げてくれため、体温の上りが少なくて済みます。そのため、陸上よりも長時間の運動がしやすく、その分の運動効果を得られます!

  
  

以上、4回に分け「水の特性や効果」をご紹介してきました。

水中は体への負担を減らし、自分に合った負荷をかけられ、体の代謝を良くすることが出来ます。

ご自分で歩くも良し!泳ぐも良し!教室に参加するも良し!

ぜひ、気持ちよく水の中で動いてみてください!

◆ページトップへ

 ◆前のページへ戻る